Home » トイレのリフォームがしたい!気をつけるべきポイントとは?

トイレのリフォームがしたい!気をつけるべきポイントとは?

タンクレスかタンク付きか

トイレは毎日使うところです。入居したてはピカピカでも段々くたびれてきます。このため、古くなったマンションのトイレをリフォームしたいと考えている人もいるでしょう。現在発売されているトイレはタンクレスとタンク付きのものに分かれます。トイレのリフォームを決めたらまずこのどちらかを選ぶ必要があります。タンクレスはタンクがないため空間を広く使うことができます。掃除も楽ですよ。ただ、タンク付きのものに比べるとコストがかかります。一方タンク付きのものはタンクレスに比べればコストがかかりません。また、タンクの上に手洗い器が付いているものもあり、別に手洗い器を設置する必要がありません。予算や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

陶器素材と有機ガラス素材

トイレの素材は陶器と有機ガラス素材があります。陶器は昔から使われている素材で安心感があります。最近は汚れ防止加工がされているものも多くお手入れも楽ちんですよ。有機ガラス素材は比較的新しい素材で陶器に比べると軽いです。お掃除が簡単なのも魅力です。有機ガラス素材のトイレの中には自動洗浄してくれるタイプのものもあります。半年に1回程度掃除すれば良いので家事の負担を軽減することが可能です。忙しい人は有機ガラス素材のトイレが良いかもしれませんね。

このほかのチェックポイント

トイレをリフォームするときはマンションならではの問題があります。上層階の場合、水圧が低くてトイレの種類によっては設置できないことがあるのです。リフォームを依頼するときは水圧を測ってもらったほうが良いでしょう。もっとも、小型のブースターを取り付ければ設置可能なトイレもありますよ。また、リフォームするときはトイレだけでなく壁紙や床の張り替えも同時にしてもらったほうがお得かもしれません。別々に頼むと割高になる業者が多いです。

どんなに大切に使用していても毎日生活をしていればどうしてもあちこち劣化してしまいます。小さな箇所でもマンションリフォームをすれば気分がリフレッシュされて楽しいです。

Comments are closed.