Home » 独立開業希望者必見!?居抜き物件利用で初期投資大幅軽減!

独立開業希望者必見!?居抜き物件利用で初期投資大幅軽減!

そもそも居抜き物件とは?

独立開業を考えたときに、まず何よりも最初に考えることは、店舗物件探しではないでしょうか。店舗は立地条件や周辺環境によって、開業後の売り上げを大きく左右しますので、かなり力を入れて探さなければならないと思います。物件が見つかれば、内装をどうするか考えて内装工事に取り掛かります。新築の店舗物件の場合、内装は何も工作物が無い状態なので、内装工事には結構な費用が必要となります。居抜き物件とは、前の借主が使っていた内装が取り壊されずにそのまま残っていて、それを自由に使える物件のことを言います。

居抜き物件のメリットはこれだ

居抜き物件は、前の借主が作った内装をそのまま自由に使えますので、内装工事費を大幅に抑えられる可能性があります。独立開業に関しては、売り上げが全く不透明なために、極力初期投資は抑えなくてはなりません。初期投資のうち、店舗の内装工事費用は多くを占めますので、店舗物件は独立を考える方の強い味方なのです。ただ、居抜き物件でもあまりにも古い物件は、借りたあとに内装が古すぎて使えず、結局撤去しなければならない事もあるので、注意が必要です。

優良な居抜き物件を探す極意はこれだ

独立開業を目指して、まずは店舗物件探しを始めていくつかの不動産業者をめぐって、それで希望通りの物件があればそれに越したことはありません。しかし限られた物件数から、すぐに希望通りの物件にめぐりあえる可能性は極めて低いもの。そんな時、お勧めの物件探し方法があります。それは、不動産営業マンと仲良くなることです。基本的に店舗物件の契約を解除する場合、借主は3ヶ月以上前に申告する必要があります。つまり不動産営業マンは、この契約解除情報を仕入れていますので、今後の空き物件情報を握っているわけです。これを逐一不動産営業マンから教えてもらえば、広告にはでない有料物件に出会える日も近いはずです。

住宅が付随している店舗物件は家賃が割高になっていることが多いので注意が必要です。また、店舗と住宅が内部で繋がっている造りになっている物件もあるので事前の確認が不可欠になります。

Comments are closed.