Home » 失敗しない賃貸選び!間取りを基本にして新生活を考えよう

失敗しない賃貸選び!間取りを基本にして新生活を考えよう

賃貸選びで大切な間取り

賃貸を選んで新生活を始めようと考えているときに、家賃を最優先して考える人は多いですよね。確かに新生活を始めてからの生活費を考えることは大切ですが、それで住みづらい物件を手にしてしまったのでは元も子もありません。家賃と同じくらい重視しなければならないのが間取りです。間取りが自分の想像している生活を実現するのに適しているかはよく考える必要があります。重要になるのは具体的に新生活のあり方を間取りと照らし合わせてみることです。

正確な間取り図を使ってデザイン

賃貸探しがある程度進むといくつかの候補に絞られるでしょう。その段階まで来たら、寸法が正確にできている間取り図を使って、新生活をしているときの屋内の様子をデザインしてみると失敗がありません。家具や家電をどこに置いてどのように使用していくかと考えてみると、間取りの少しの違いによって住みやすさに大きな違いが出ることに気づくはずです。そのデザインをもとにしてみると、どれが最も良いかがはっきりとすることがよくあります。

数年後の状況も考えてデザイン

間取り図を使ってデザインするときには、その物件にどのくらいの期間は住むのかを考えて、数年後の様子についてもデザインしておくのが賢明です。これから子供を生む予定があったり、収入が増えたら趣味を始めるつもりがあったりする場合には、それに応じて購入したいものが生じるでしょう。それをどこに置くのかまで考えてみると長く住みやすい賃貸物件が見つけられます。住み替えの回数を増やして引越しに苦労しないために、少し先のことまで考えておくのが無難なのです。

賃貸物件を選ぶ際、駅近物件は、駅から離れた物件より家賃が高いですが、駅までのバス代や深夜帰宅したときの駅からのタクシー代がかからないことを考慮する必要があります。

Comments are closed.